Dogwood基金について

東日本大震災被災地での復興支援演奏会を開催するための基金です。

ドッグウッド(Dogwood)の語源:ハナミズキ英名です。
17世紀頃ハナミズキの樹皮を煎じたエキスを犬のノミとりの薬として
使用されたことから名付けられたそうです。

復興支援演奏会で『寄り添う心』『忘れない心』をメロディーに込めて、
被災地に音楽をお届けする活動を継続してまいります

Dogwood基金メインビジュアル
平成30年度北海道胆振東部地震の被災地、厚真町土砂崩れ現場で「献奏」を捧げる小川有紀子。
また、ドッグウッド基金から被災地に3万円をご寄付いたしました。

株式会社ハナミズキ音楽事務所、代表取締役小川有紀子は、
東日本大震災発災当初から被災地の皆さまに音楽をお届けする復興支援演奏会活動を公私にわたり携わり、現在も継続しています。

私どもは、2017年6月1日にハナミズキ音楽事務所を創立し、
2018年3月30日に株式会社ハナミズキ音楽事務所を設立するに至りました。
月日が経過し被災地の状況やニーズも刻一刻と変化する中、
ライフワークとして、被災地の皆様が必要とされる復興支援演奏会活動を
切れ目なく継続し実施してまいります。

ドッグウッド基金サポータ制度の募集について

目的

東日本大震災被災地に復興支援演奏会をお届けさせていただくに
あたり開催経費をお支えいただくものです。

ポリシー

『お聴きくださる皆さまの心を紡ぐ』
プレイヤーは、出会いという繭から、
お気持ちの優しさと美しさをくみとり、少しづつ太い絆に紡いでいく。
吐き捨てられた音楽ではなく、
シルクのような手触りで、ほんのりと優しい気持ちにさせてくれる音楽。
このような音楽をご提供させていただくためには、演奏技術に裏打ちされ、
経験に基づく、生きた本物の音楽が必要と考えます。

お届けする復興支援演奏会は、
ハナミズキ室内合奏団メンバーやハナミズキ室内合奏団団友が
皆さまに寄り添って、楽しい音楽を、非日常のふくよかなひと時を
体験いただきます。

支援の内容

年間支援型サポーター

2万円から1万円単位で
ご検討をよろしくお願いいたします。

ご寄付型サポーター

一般のご寄付として承ります。

〈ご参考〉復興支援演奏会の1公演当たりの経費は、
お邪魔する地域やユニット規模によって変化しますが、
総額は、概ね20万円から80万円必要です。

復興支援演奏会を資金面でお支え下さいますようお願い申し上げます。

お振込み口座

七十七銀行 本店営業部 普通口座 5052550
名義:株式会社ハナミズキ音楽事務所

お申し出・お問合せ

基金の目的や内容に賛同いただき、サポーターになっていただける方は、株式会社ハナミズキ音楽事務所のDogwood基金担当まで、メールにてご連絡をお願いいたします。

Dogwood基金お申し出・お問い合わせ
E-mailhanamizuki@ac.cyberhome.ne.jp